[体験談] 相手の旦那さんにバレた!

ある時、PCMAXである人妻と知り合いました。
小学生低学年と幼稚園のふたりの子どもがいる、30代前半のかわいらしい人妻。
ショートカットの髪がよく似合うプロフ写真がとてもキュートで、毎日多数の男性からのアプローチがあったようですが、いかにもヤリモクの男ばかりでウンザリしていた中、子育てや趣味の話題の多かったボクはちょっと異質だったようで、仲良くなるのは早かったです。

ただ、出会い系の定石としてサイト内で仲良くなったら課金を気にせずに自由に話せるLINEや直メールに移行するものなのですが、彼女の場合サイト外に連れ出すのに非常に苦労しました。
というのも、彼女の話によると旦那さんは彼女よりひとまわりぐらい年上で彼女を溺愛しており、嫉妬心や独占欲が強く、よく彼女の携帯をチェックしていたそうでLINEや直メールは危険だと言うのです。

思案を重ねたボクは、WEB上で無料の掲示板を利用することを思いつきました。
調べてみると無料の掲示板サービスっていっぱいあるんですよ。その中から高機能で彼女以外の人が入室できないようパスワードのかけられる「TeaCup」というサイト内に掲示板を作成し、URLとパスワードを彼女に伝えました

こういう時に無料の掲示板やチャットルームのサービスはかなり使えます!みなさんも利用してみてはいかがですか?
『無料掲示板』や『無料チャット』で検索するといっぱい出てきますよ。

無料掲示板での楽しいやりとり…

こうして掲示板を利用した彼女とのやりとりが始まりました。
彼女が出会い系を利用していた動機は自分を束縛したがる旦那さんが窮屈で他の男の人といろんな話をしてみたいというものだったようです。
会いたいとは言ってくれても子どもたちがまだ小さいこともあり実際に会う段取りまではなかなか行き着かず、そのうちボクも会うことは諦めて「会話を楽しむだけの関係でもいいや」と思っていました。

子育ての話や音楽の話、お料理の話…。もちろんたまには軽い下ネタを混ぜたりエロい話題(バックで責められるとすごく感じると言っていました…^^)もいろんなことを話しましたが、核心に迫る部分(個人特定につながる情報)は、住んでいる県のどのあたりかまでしか教えてくれず、ボクも強引に聞いたりもせず、深く詮索しなかったのもよかったのかもしれません。

また、彼女は自撮りが好きみたいで、アイドルのポートレイトみたいないろんな表情のかわいい写メをいっぱい見せてくれましたが、エロ系は2~3度下着姿を見せてくれた程度でした。(微乳ですが肌が真っ白で黒い下着がエロかったです。)

それでも、とにかくかわいい子だったので、毎日の掲示板でのやりとりはとても楽しかったです。
あの書き込みを見るまでは…。

楽しいやりとりが、ある日一転…

3ヶ月ほど掲示板でのやりとりが経過した頃だったでしょうか。ある時、彼女からの返事がプツンと切れてしまったのです。
何度掲示板から呼びかけても、サイトから問いかけても返事なし。こうなるともうどうすることもできないんですよね。

そのうち、ボクの心の中に嫌な予感が生まれてきました。そしてそれは的中してしまったのです。

やりとりが途切れて10日ぐらい経った頃、掲示板に返事が入りました。

 

人の女房に手を出して、一体どういうつもりなんでしょうか?


うわ~!彼女の旦那さんに掲示板の存在がバレてしまったのです!

と、いうことはそれまでの会話も全部旦那さんに読まれてしまっているということ。
もう冷や汗タラタラですよ~だって、ボクはそこに本名や住んでいる場所まで書いてしまっていたんですから!

さて、どうしたものか…。
自分の素性はすっかり相手に知られている。でも向こうのことはほとんど何もわからない。
とにかく旦那に暴走させないようにしなくては!

今更もう遅いのですが、とりあえず掲示板上の過去のやりとりを全て削除し、こんな返事を書きました。
そう、彼女の旦那さんあてに。

 

このたびは不愉快な思いをさせて申し訳ありませんでした。しかし、ここでのやりとりは全て妄想による遊びであり、奥様とはそれ以上の関係はありません。
あなたの奥様はとても賢く堅実な女性です。ここでのやりとり以上のことは一切ありません。
責任の全ては私にあり、奥様はそれに合わせてくれていただけです。もう今後一切関わりませんので、どうぞご勘弁下さい。


数日後、こんな返事が来ました。

 

こんなことをしてタダで済むと思うなよ。こっちはもうあんたのことをいろいろ知ってるんだ。楽しみにしていていろよ。


まあ、予想の範囲内の返事ですね。口調も強くなり相当怒ってます。
でもここでなぜかボクは少し冷静になったんです。
自分の素性は知られている。でも、ボクは相手の素性は一切知らない…そこを逆手に取れないか。

彼の心境を想像すると、ボクに対する強い怒りと嫉妬、自分が溺愛する妻の裏切り行為を許せない気持ち、そして、夫である自分の気づかないところで彼女が自分に対して抱いていた不満を知ったことによる自分自身に対する苛立ち…。
そんなものがふつふつと心の中に湧き上がっていたはずです。

特にボクと彼女が少なからず心を通わせていたことに対する嫉妬は強かったはず。
ボクはわざとその嫉妬心を刺激するような返事を書きました。

 

本当に申し訳ありませんでした。もうこのようなことは二度といたしませんので、どうぞご勘弁下さい。
そして、どうか奥様を許してあげてください。
彼女は本当に私に合わせてくれていただけで、悪いのは私だけなんですから。


あんた、殺すよ。

実際は出会い系に登録した時点で彼女も同罪ですよね?彼女だってそれなりにボクとのやりとりを楽しんでいたはず。
そして、彼女がそういうことをしてしまったのは、元々は彼女を束縛していた旦那のせいでもある。本音を言えばそういうことですよ。

でも、ボクはあえて彼女をかばうことで彼の嫉妬の炎に油を注いだわけです。

すぐにこんな返事が来ました。

 

何をふざけたこと言ってるんだ?あんた、殺すよ。


来ました!ボクはこの言葉を言わせたかったんです。
「タダで済むと思うな」「楽しみにしていろ」そして「殺すよ」。
もう完全に脅迫ですよね?しかも、彼はぼくの素性を知っている…つまり、実際に行動を起こすことができる立場にあるわけです。

KENの反撃

ボクはすかさずその書き込みの全文をコピーし、スクリーンショットを取った上でこう返事しました。

 

私はあなたの素性は全く知りませんが、あなたは私の本名も住んでいるところも知っています。
あなたは『殺すよ』と書きましたがとても怖いです。あなたは実際にそれを実行できるだけの情報を持っていますから。

素性を知る相手にそういうことを言うのは明らかに『脅迫』にあたるという認識はありますか?
完全に犯罪の領域に踏み込んでいるということをおわかりですか?
また、あなたがそういう態度に出るならば、奥様には申し訳ありませんがこちらも家族を守るために全力で対抗しますがあなたにその覚悟はありますか?
もしも戦った場合、こちらだけでなくそちらも相当なダメージを受けることを理解していますか?

あなたの書き込みは全て記録しました。
掲示板サイトのサーバに残ったIPアドレスの記録を追跡してもらえば、あなたを特定することもできるはずです。


実際、これが明らかな犯罪なのかも相手を特定までできるかもわかりませんが、旦那が法律の専門家でない限り向こうもわからないでしょうし、こんなこと誰にも相談できないはず。
それにこちらは彼女の顔が判別できる写真という武器もをいっぱい持っているわけです。

旦那もこの反撃には慌てたようです。
その証拠にすぐに自分の書き込みを消してましたから。
そして、それ以降彼からの書き込みがされることはなくなり、念の為にそのまま一ヶ月ほど放置した後、ボクはその掲示板は閉鎖しました。

この事件から得た教訓

ボクとしては事なきを得たわけですが、後味は悪かったです。
もしも旦那がタチの悪い男だったら、怒りに任せて本当に行動を起こしていたかもしれない。そう考えると今でもゾッとします。

そして彼女はどうなったんだろう?
実際に浮気するという行動には至っていなかったのですが、きっと旦那から相当責められ、携帯も取り上げられたことでしょう。もしかしたらぶたれたかもしれない…。
そう考えると彼女に対して何か申し訳ないという思いもありました。

ボクはこの経験から以下の教訓を得ました。

相手が人妻の場合は常に旦那や家族にバレる危険がつきまとう
旦那にバレるとかなり面倒で怖いことになる
自分の素性は形に残る方法で教えないほうがよい

そう頻繁に起きることではないでしょうが、この教訓はみなさんも肝に銘じておく必要があると思います。

この出来事からもう2年近くが経過しましたが、何事も起こっていません。
あの夫婦は今頃どうなっているんだろう?
そんなことを時々思い出したりしています。