サクラとは?

出会い系におけるサクラとは?


出会い系サイトって「サクラ」ばかりだよね~。
なんて話を聞くことがあります。

様々な出会い系攻略サイトでも、漠然とサクラという言葉が使われ、読者もなんとなくわかった気でいるなんてこともあるように思います。
確かに出会い系にサクラはつきものなんですが、そもそもサクラってどういうことを言うのでしょうか。

サクラにはいくつかのパターンがあるのですが、全部のパターンに共通しているのは出会いではなく「お金」のために絡んでくる会員のことだと言えると思います。
まずは何をもってサクラと呼ぶか。そこを明確にしてみたいと思います。

サイトに雇われているサクラ
主に女性会員の数を多く見せたり、男性会員にポイントを使わせるためにサイト側に雇われているダミー会員のことです。
メールを送ると返事はくれますが、最初から出会い目的ではないのでなかなか話が進展しません。

悪質サイトには結構いるようですが、ボクがおすすめしているサイトには、このタイプのサクラはいません

いわゆるキャッシュバッカー
出会い系サイトには女性会員の積極的な利用を促すために利用頻度等によって女性会員にポイントを還元するシステムを採用しているところが多くあります。男性にメールを出すと何ポイントとかそんな感じ。

そのポイントは現金化できたり、あるいはネットショッピングに使えたりするので、そのポイントゲットを目的にしている女性が存在します
そういう女性をキャッシュバッカー(CB)と言います。
おそらく出会い系のサクラはこのCBが一番多いのではないかと思います。

CBもメールの返信がほしいので返事は来ます。
また、CBはサイトに雇われてはいない素人女性ですがポイント目当てすので当然会うことはできません
そういう意味ではサクラと言っていいでしょう。

ただ、もしかしたら「基本CBなんだけど、相手によっては会っても構わない」というタイプも存在しているかもしれません。

別のサイトや風俗に誘導してくる業者
CBよりももっと稼げる出会い系サイトやライブチャット、キャバクラ、デリヘルなどに誘導する目的で男性会員にアプローチしてくるサクラです。よく『業者』と表現されるタイプですね。

これはサイト側から禁止されている行為なので、直メールなどを交換した後にサイト外で「XXってサイトに来て欲しい」といった要求をしてくることが多いです。
ライブチャットの代理店や風俗店などが組織的にやらせていることもあるようです。

ボクはそれがわかった時点でその子はもう切りますが、キャバ嬢とかだった場合は会えるチャンスがないわけではないのでお金がかかることを承知で乗ってしまう手もアリかもしれません。(おすすめはしませんが…)

優良サイトではこういった行為を見つけ次第積極的に排除しています。
また、会員からの通報も随時受付けて常に対応にあたっています。
メールをくれた女性のプロフを見に行ったらそのページが削除されていることってよくありますけど、多くの場合上記のパターンであろうかと推測します。

美人局(つつもたせ)
実際に会ったら、怖いお兄さんが出てきたってやつですね。
ボクは経験したことも実際に耳にしたこともありませんが、そういうこともごく希にあるようです。

これは一番危険なサクラです。
ですから、相手のことをしっかりと確認しないうちから自分のプライベートなことはあまり深く教えないほうがいいでしょう。
美人局ではなくとも、人妻の場合ご主人にバレてしまう可能性だってあります。
自己防衛を忘れてはいけません!

ボクがおすすめしている4つの出会い系サイトに1のタイプのサクラはいません。
しかし、2~4のタイプだとどんな優良サイトでも混入するすき間があります。

また、サクラとは言えませんが、援助交際目当ての女性はどのサイトにも存在します。ボクは援交は自分のポリシーに反するのでそれがハッキリした時点でやりとりをストップしています。
相手を選ばない単なるヤリモクの女性も病気が怖いのでお断りしています。

サクラを見分ける方法は、この記事で取り上げています。
併せて読んでみて下さい。